更新情報

マレーシアでの施工実績

マレーシア政府よりエコ・24コーティング材料の認定を受けて、国立ウィラヤモスクを現地パートナー企業が施工した。

技術監修は、共同研究開発提携先の国立パハン大学が行った。(Universiti Malaysia Pahang)

今後、現地パートナー企業は、エコ・24製品の認定と今回の施工実績をステップとして、更なるイスラム教関連施設と公的施設(病院、文化財等)への営業規模を広げいき、周辺のイスラム教国家へもアプローチしていくと発表(AIHARA SDN,BHD CEO Ikram Latif氏)。

また、パハン大学はエコ・24コーティング材料はドローンによる無人化施工も技術的に可能と考えており、モスク用のドローン開発も進めて行くとしている。(同大学Dr Daing Nafiz氏)