更新情報

現在、お問い合わせの多い煙突内部のアスベスト対策について

現在、お問い合わせが多い、煙突内部へのアスベスト封じ込めについて。

在来工法では施工が困難な煙突内部のアスベスト処理でも、エコ・24が提供するCAS工法なら安全に処理することが可能です。

CAS工法は、エコベスト(含浸固化剤〜無機)を使用し、構造物の性能を維持したままアスベストを含浸固化し安全化することができます。

CAS工法は、公的機関より証明されたアスベストを無害化する技術です

アスベストの無害化CAS工法は、優れた性能と安全性が証明されており、日本建設機械施工協会からの「建設技術審査証明書」を取得しています。

「作業中の安全性」アスベストへ毛細管現象により一度に深度まで浸透するため、アスベストの浮遊がほとんどなくなります(測定結果でも良好な数値です)。

また、「作業後の安全性」鉱物学的・医学的見地から、安全性の所見が出ています。アスベスト含浸固化することで廃棄物が発生しないメリットもあります。

「作業性の向上」養生、仮設足場、機材設置等の簡素化を図ることができます。除去や袋詰めの作業が不要で、一般除去工法の工期と比較すると、7~8割程度工期が短縮できます。結果的に、経費削減にもつながります。

詳しくはこちらの動画をご覧下さい。https://www.eco24.jp/2019hmo/cas/entotsu/