Loading...

CAS工法について

鉱物学的な理論においては、もともと鉱物であるアスベストと、ストレートシリコンという鉱物を主原料にしている「エコベスト」(特許取得弊社材料)が結びつくことにより全く異なる鉱物に生まれ変わることが可能となりました。

この度、弊社は、セラミックの特徴(耐熱性・他剤の追従を許さない浸透性・耐候性・安全性・施工後の固形化効果による構造物の半永久的な材質保護)を活かした、弊社独自の施工技術を活用した、全く新しい吹き付けアスベストの封じ込め処理工法の開発に成功しました。

近い将来、実社会において一般ごみと同様に廃棄することが(安定化の廃棄物)出来るよう、また、新建材として有効利用の実現が可能なように鉱物学の専門家、医学の専門家と共に本格的な研究を進めています。

※CAS工法はアスベストを含浸固化する工法です。

slide0038_image229 

当社含浸固化剤「エコベスト」の特性

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA材料の安全性
    有害物検出試験においても全く問題なく(財団法人日本食品分析センター調べ)、含浸固化後は無機物となり、人体への影響はほとんどありません。
  2. 浮遊防止と密着性・浸透性
    密着性・浸透性に極めて優れ、アスベストの表層より浸みわたり、アスベスト線維一本一本を包み込みます。さらに全体を結束塊化させ、それによりアスベスト線維の浮遊を防ぎます。
  3. 耐熱性
    優れた耐火性を保持し、耐火JIS規格をクリアしています。
  4. 耐久性
    サンシャインウェザーメーター試験により、耐久性が証明されており、耐候性はもちろん、耐薬品性にも優れた特性を有しています。

 

CAS工法によるメリット

  1. 医学的見地からの人体における高い安全性の保持!
    施工後における人体への安全性はもちろんですが、施工中における周辺環境への被害の拡散防止、施工作業者に対しても高い安全性が確保されます。
  2. 施工の経済性が良い!
    アスベスト廃棄物処理不要に伴う廃棄処理費用の削減、人件費等による大幅なコスト削減、耐火被覆再生費用の削減等がされます。
  3. 施工工期の大幅な短縮!
    アスベスト除去が不要になる為に、そのまま耐火被覆として再生でき、各種作業の簡素化や削減が可能となるために大幅な工期の短縮が実現可能となります。工期短縮による経済損失も食い止めることが出来ます。
  4. 除去が無理な場所にも対応が可能!
    物理的または営業機会損失視点からも施工が不可能であった箇所にも、施工できる可能性が生まれます。
  5. 周辺住民及び労働組合、関係者への不安感を軽減させる!
    電子顕微鏡解析や動物実験検査等を元にした医師の専門的な解析所見は、各関係者へのアスベスト対策における不安を軽減させるのに、非常に役立ちます。

【コーティング処理 解析写真】

■電子顕微鏡解析結果

採取したコーティング処理アスベストは塊層化されており、アスベスト線維自体の周径も8~12μ(未処理のものと比較すると3倍以上)となっているのが確認できる。
尚、表層・中層・下層においてもアスベスト線維が肺胞等へ進入する確率は極めて低いものと判断できる。

cas02_denkenhikaku